ブログランキング

プロフィール

多佳子

Author:多佳子
多佳子
FXに挑戦している普通のサラリー。
FXを始めてから、勉強を開始。
目標は海外移住

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

20世紀の芸術と生きる―ペギー・グッゲンハイム自伝

2009/01/19 [Mon]04:12 編集
category: アメリカ通貨
20世紀の芸術と生きる―ペギー・グッゲンハイム自伝
ペギー グッゲンハイム

定価: ¥ 8,400
販売価格:
人気ランキング: 224581位
おすすめ度:
発売日: 1994-04
発売元: みすず書房
発送可能時期:

スポンサーサイト

テーマ:ネットショップ - ジャンル:ファッション・ブランド

trackback -- comment --

フランク・ロイド・ライト [DVD]

2009/01/18 [Sun]22:58 編集
category: アメリカ通貨
フランク・ロイド・ライト [DVD]
ケン・バーンズ
フランク・ロイド・ライト [DVD]
定価: ¥ 3,990
販売価格: ¥ 3,416
人気ランキング: 8720位
おすすめ度:
発売日: 2004-11-26
発売元: ナウオンメディア
発送可能時期: 在庫あり。

見ることが出来て良かったです
20代の頃、イリノイ州、オークパークの
フランク・ロイド・ライトの家を訪れた。

それまで私は、建築に関心がなかったのに、
ライトの作りだした空間に心踊るものを感じた。

意志を持っているような居心地の良い家で、
隙のない美しさに、一度でファンになった。

旅先で、ライトの建築作品に出会うのは楽しいし、
彼の美意識にかなったアイテムもお気に入り。

実は私、ライトの家で買ったバッグを、
もう15年以上、愛用しているのです!

そんな私にとって、このドキュメンタリーは、
興味津々、見どころだらけの映画でした。

建築への考え方や、ライトの人となり、
家族や弟子たちの証言など、とても興味深い。

彼の芸術家としての視点がたまらない!
触発されるものがあり、彼の影響力に驚いた。

天才への丁寧なアプローチ、貴重な証言に★5。

ライトの生き様そのものが作品
建築作品紹介DVDというより、建築作品を織り交ぜながらライトの一生を綴った1枚といえるでしょう。
建築作品を詳しく知りたいのであれば、期待はずれに終わりますが、ライトの一生は、
彼の生み出した建築に勝るとも劣らないほど凄まじく、私たちをひきつけます。

恵まれた才能、学歴無しに若くして成功、女性スキャンダル、逃避行、事件による身内の死、
三度の結婚、奔放が故の困窮、一旦は忘れ去られるも不死鳥のように復活など・・・
それは天才が故のドラマであり、彼の建築家としての生き様そのものが、建築という枠組みを
超えて芸術作品と呼ぶにふさわしいと感じます。

そして建築家として最も重要な資質とは何かを教えてくれるようであります。
ここでは語りませんが、このDVDを見ればそれが何なのかが判ります。
建築家を目指す人にとっては必見の一枚です。もちろん建築にそれほど関心が無い人でも十分に楽しめる1枚です。

落水荘は動画で見ることをオススメします
素晴らしいの一言です。夢中で見入りました。星五つでは足りないくらいです。
ライト自身とその建築の素晴らしさを満喫できる点はもちろん、
インタビューに答えている人々の声のトーン、表情からも
ライトという天才の存在がリアルに伝わります。

特に「落水荘」の下を流れる滝、水面が動いているのを見たら
ライトファンは感動することでしょう。
わたしは今まで写真集でしか見たことがなかったのですが、水の動きそのものが
この住宅と一体化していて、この水面と滝のしぶきが住宅を建てる必須の要素と
なったこと、また住宅を素晴らしいものにしている点が、改めて理解できます。

グッゲンハイム美術館しかり、ジョンソン本社しかり、写真集では伝わりきれない
何かに感動します。
改めて人と建築の関係についても考えさせられます。
建築物とは人が存在する場所でありアートであるということが自然と心に刻まれます。

ライトという天才を知る上で見て絶対に損はありません。

テーマ:厳選!無料登録アフィリサイト - ジャンル:株式・投資・マネー

trackback -- comment --

わが闘争 下―完訳  角川文庫 白 224-2

2009/01/15 [Thu]08:41 編集
category: アメリカ通貨
わが闘争 下―完訳  角川文庫 白 224-2
平野 一郎
わが闘争 下―完訳    角川文庫 白 224-2
定価: ¥ 740
販売価格: ¥ 740
人気ランキング: 5050位
おすすめ度:
発売日: 1973-10
発売元: 角川書店
発送可能時期: 在庫あり。

読んでみると面白い
 結構面白かった。
 論理的だとは思わないが、それなりに一貫性がある。
 議会制民主主義、教育、目的と手段の混同に対する批判には共感できた。
 「ヒトラーの本だから」などという理由で黙殺しようとするのは馬鹿げていると思う。これを読んだからといってファシストになるわけではない。

翻訳がイマイチ
この本の内容は大変素晴らしく良いもののはずなのに、翻訳された日本語の使い方、ひらがな・漢字の使い方が酷くてもったいない。前書きに、日本語に無いニュアンスがあるとか書いてあったけど、この翻訳技術はそれ以前の話しだと思う。日本語の文章能力の無い人に翻訳して欲しくなかった。ちゃんと普通に日本語文章能力のある人にもう一度翻訳し直して欲しい。この翻訳のせいでこの本の評価が下がりそうで悔しい。

民主主義的議会政治
 今日,世界で民主主義的議会政治を行っていない国はほとんど無い。歴史的に勝利した政治体系であり、それを拒んでいる国がどのような目に遭っているのかを考えればすばらしい政治体系に見える。国民一人一人の意見をふまえ議員を選び,みんなで政治を行う.つまりはそういう政治体系だが果たして問題は無いのか?
 
 以下にヒトラーの民主主義的議会政治批判を記載する

<民主主義的議会政治の最大の問題は「個々人の責任の欠如」だ。議会が何かを決定する。その結果が非常にとんでもないかとになっても・・・誰もそれに対して責任を取らず、誰も責任を問われることがない。一体破綻した後でも、罪のある政府が総辞職すれば、これで何らかの責任を取ったといえるのか。あるいは連立を変更したり、そればかりでなく議会を解散すればそれでいいのか?一体全体、多数の優柔不断な人間にいつか責任を負わすことができるだろうか?すべての責任は人に結びついていないのだろうか?もっぱら多数の人間の意志と好みによって成り立ち、そして遂行されるような行動に対して、政府の指導的人間に責任を負わせることが出来るのだろうか?
 今日の民主主義的議会政治の目的は、賢人による会議を形成することではなく、むしろ精神的に従属しているゼロに等しい群れを寄せ集めることにある。これに対立しているのがして「行動に対してすべての責任を完全に引き受ける指導者を自由に選ぶ」真のゲルマン的民主主義である。そこに多数決はなく、ただ自己に対して能力と生命を賭けるただ一人の決定がある。>

 果たしてこの意見に反論は可能なのだろうか?狂気の独裁者として葬られたヒトラーだが、彼を独裁者にしたのは国民の意思である。一体真実はどちらにあるのだろうか?

テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ

trackback -- comment --

シンフォニック・ホロコースト

2009/01/05 [Mon]21:02 編集
category: アメリカ通貨
シンフォニック・ホロコースト
モルト・マカブル
シンフォニック・ホロコースト
定価: ¥ 2,625
販売価格: ¥ 2,494
人気ランキング: 691408位
おすすめ度:
発売日: 1998-12-28
発売元: ディウレコード
発送可能時期: 通常9~10日以内に発送

テーマ:タイタニア - ジャンル:アニメ・コミック

trackback -- comment --


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。